女性のひげは剃るべき?抜くべき?

女性のひげは剃るべき?抜くべき?

女性に生えてきたひげは抜くのか剃るのか?その両方なのか?
あなたは女性としてひげを抜く行為をしていますか?それとも剃る選択をしているでしょうか?

 

いずれにせよ、処理するのは同じですが、女性のひげは男性と違って産毛と間違うこともあり、抜くも剃るも一長一短があります。

 

男性の髭剃りは、女性のひげにはきつそうだし、怖いですよね。かといって抜くのも痛い。

 

ひげは男性ホルモンの分泌で生えることがわかっています。つまり、わずかでも男性ホルモンが分泌されたら、女性であってもひげが生えてきます。
だから、女性でも剃るか抜くかの選択を毎日迫られてしまうということになります。
でも、抜くのは良くないというのがメジャーな考え方のようです。

 

なぜなら、抜いてもまた生えてきます。なら、細胞を損傷し、化膿するリスクを犯してまで抜く必要はないのではないか?という疑問です。
次に剃るは、男性用のカミソリではなく、女性用の顔剃りフェリエなどが販売されていると思います。

 

あれなら、産毛かひげをお肌から立たせてぎりぎりのところでカットしてくれるため、女性がひげを剃るという中でも優しい方法です。

 

比較的コストがかかりますが、一番確実なのは永久脱毛です。
医療脱毛ともいいますが、毛の生える周期にあわせて5回〜10回程度はレーザーか光を照射して毛根を破壊します。

 

これで何もなければよいですが、肌が弱いかたはちくちくする、ひりひりが収まらないという、敏感肌になる可能性もあります。
こちらは毛がなくなるという意味では完璧ですが、お肌にとってはどうなのでしょうか?

 

次に抑毛効果のあるスキンケアクリーム(ノイス)やローション(豆乳ローション)を使用して、少しずつ毛の伸びを抑えます。
ノイスは顔専用と書いてありますが、豆乳ローションには記載がありませんので、内容をよく吟味して、自分にあったものを選んでくださいね。

 

即効性がないために、すぐに飽きてしまう人には向かない方法かもしれません。

 

やはり、私生活を見直して、女性ホルモンを整えるのは、確実で有効な手段となります。ただ、産毛のように薄くなったとしても、まったく生えてこなくなるという、非人間的なことにはならないと思います。

 

つまり、ひげが生えてこないような体質にするのです。「女性ホルモン体質」です。

 

ストレス発散、軽い運動、三食食べる、イソフラボン摂取を意識する、質の高い眠りを確保することです。

 

以上参考になりましたでしょうか?

 

⇒女性のひげ用クリームがあるって知ってましたか?