女性のひげと男性ホルモンとの関係

女性のひげと男性ホルモンとの関係

女性のひげが濃くなるのは男性ホルモンが優位になるという、ホルモンバランスの崩れが原因だというのは、皆さんご存知でしょうか?
女性でも男性ホルモンは少量持っています。だから、女性ホルモンとのバランスが崩れたらひげが濃くなるのです。

 

これは更年期の女性が体験する体調不良とも似ていて、更年期に男性ホルモンが優位になることで、声が低くなったり、体毛が濃くなったり、ひげが濃くなったりするのです。

 

女性はいつまでたっても女性でありたいと思いますが、それが更年期ではなく、若い女性の間ですでにはじまっていて、男性ホルモン分泌が促進されて女性のひげとなります。

 

男性ホルモンは男性として生きていく上で必要なホルモンですが、女性には少量で大丈夫なのです。
なのに、なぜ女性ホルモンではなく、男性ホルモンが優位になってしまうのでしょうか?

 

男性ホルモンの増加が原因でひげが濃くなっている場合、ひげ剃りなどでどれだけ対応しようがその原因を解決しない限り、それだけでは濃いひげをなくすことは出来ません。

 

男女ホルモンについて正しい知識を身につけ、対策を考えていく必要があるのです。
男性ホルモンはアレルギーを抑制する働きがあります。

 

アトピー性皮膚炎や食物アレルギーを子どものころ発症し、成長と共になくなっていくという話はよく聞きますが、これも男性ホルモンが増え改善したからです。
「男性的」というと「闘争心」や「冒険心」が強くリーダーシップがある、という印象がありますが、こういった傾向はやはり男性ホルモンが多い方に多くなります。

 

つまり、女性でも社会の第一線でバリバリ活躍していると、こういう思考になり、結果、男性ホルモンを促進させてしまいます。
テストステロンという男性ホルモンを女性も持っており、これが女性ホルモン減少により、優位になって、女性のひげとなってあらわれます。
では、男性ホルモンを抑制するには、思考を変えるだけでいいのでしょうか?

 

実は、食生活、女性ホルモン様成分の摂取でも、男性ホルモンを抑制し、女性ホルモン優位となることがわかっています。
肉中心の生活をやめ、イソフラボンを摂取する。

 

イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)と同じ働きがあり、女性ホルモンの働きを増やす効果が期待できます。
男性ホルモンを増やすのではなく女性ホルモンの働きを高めることによりホルモンバランスを整え、男性ホルモンを抑制させるという方法になります。

 

イソフラボンが多く含まれている食材としては「大豆」が有名ですが、以下のような大豆食品に多く含まれていますのでぜひ毎日の食生活に取り入れてみてください。
イソフラボンは豆類に多く含まれていますので、ナッツ類などもおすすめです。

 

いかがでしょうか?食生活を意識することで、ひげが緩和されるといいですね。

 

⇒女性のひげ用クリームがあるって知ってましたか?